マザーズバッグは赤ちゃんのための細々したもの・かさばるものなどを入れて持ち運ぶことを目的にしたバッグで、大きなバッグが多いのが特徴です
ただ、実はちょっとの工夫でカスタマイズすることができます。
まず、ブランドを選びましょう。
実はバッグメーカーやバッグブランドの中には、大きさや形などを選べるブランドがあります。
この場合、選べるのはトートバッグタイプのバッグや一部のバッグに限られますが、色や大きさ、またショルダーの長さやポケットの有無も選べます。
中にはイニシャルを入れてくれる物もあり、シンプルなバッグのワンポイントに適しています。
一方、もしすでに持っているバッグを簡単にカスタマイズするのなら、一番いい方法はバッグインバッグを買うというものです。
バッグインバッグとは、細かな仕切りやポケットが付いたもので、大きなバッグの中身を整理できるというものです。
中には大きめバッグ向けのバッグインバッグもあり、仕切りやポケットを増やすためのアイテムとして活用されています。
特に有名ブランドバッグの場合なら専用のバッグインバッグを作成しているところもあり、自分が普段使っているバッグをより機能的にできるでしょう。
また、もしファスナーをつけたい、ポケットを追加でつけたいというのなら手芸店で相談に乗ってくれるところもあります。
手芸が得意な人なら簡単にできるパーツもありますので、自分でカスタマイズするのもとても楽しいものでしょう。